通信制高校の費用

通信制高校によってもかかる費用は違ってくると思います。私立の場合、公立の場合で、まず違ってくるでしょう。全日制の私立高校と、公立高校に比べると、そこまで費用の差はないと思いますが、それでも公立の方が卒業までにかかる費用は抑えられることでしょう。
私が通った通信制高校は、NHK学園高等学校です、正式名称は日本放送協会学園高等学校といいます。その通信制高校にかかる費用は、一番は教科書やテキスト代だと思います、これらの費用はNHK学園の場合ですと、働いている人は全額免除になりました。これは、正社員だけではなく、アルバイトやパートでの勤務の場合も、申請をすれば全額免除だったと思います。働いていない人でも、年間にかかる教科書などの代金は、全日制高校の公立高校と比較すると、NHK学園の方が安かったと思います、私は働いていなかったので、テキスト代は払っていました。
私は、都内在住ではないのですが、すぐに入学できると知り、本校の生徒になりました。本校は、東京都国立市にあります。そこに、月に一回スクーリングに通います、他には、学園祭やスポーツ大会などの行事もありますので、年間にしたら10回近く通います。一度にかかる交通費は、四千円くらいでした。学割を利用しました。なので、交通費だけで年間四万円くらいかかることになります。これも、全日制高校で、電車やバスなどを利用している人と比較しても、変わらないくらいだと思います、びっくりするくらい高いわけでもないですから。
あとは、文化祭やスポーツ大会などの行事はありましたが、修学旅行がなかったので、それに対しての積立などをする必要がないので、三年間通信制高校に通ったとしても、全日制高校と比べても、学費は安くすむと思います。(ここで言う学費は、学校だけではなく交通費や昼食代なども含みます)。また働ける機会や時間もあることですから、経済的に余裕がない人で、高卒の資格を取得したい場合は、通信制高校で取得するのをオススメします。