高校中退後の進路について 体験談

わたしは高校中退の経験があります。中退後、現在でいう高認(かつての大検)を受けて進学しました。わたしの周囲にも高校中退した友人がいますが、だいたいはかつての大検を受けて福祉系の大学や短大などに進学している子が多いです。
わたしが高校を中退したのは高2の冬頃でした。中退後はフリーターをしつつ、大検の勉強をしていました。個人で経営している学習塾のようなところがあり、そこで大検対策もやっていたので、そこで勉強していました。わたしの場合、科目が免除されたので受験科目は2教科のみでした。
大検はマークシート形式のテストだったので、しっかりと勉強をこなせば何とか合格できるような感じでした。私自身、あまり勉強していなかったのですが一発で合格しました。
大検合格後はデザイン系の専門学校に進学しました。専門学校は卒業したのですが、どうしても高校中退というのがコンプレックスになっていました。
専門学校を卒業後は仕事をしつつ、大卒を目指そうと通信制の大学で勉強を始めました。学部は今後、役立つだろうと思い社会福祉学部を選びました。社会福祉系を選んだのは、福祉の現場で働く友達が多かったからということもあります。
仕事をしながらの勉強は大変でしたが、とてもやりがいがありました。レポート提出や科目修了テストなどはとても大変でした。不合格でレポートが返ってきたときや科目修了テストで不合格になったときには凹みましたが、勉強が楽しかったので頑張れました。そして、3か月に1回ぐらいのペースでスクーリングに行っていました。
スクーリングは大阪や名古屋などで開催されていたんですがちょっとした旅行気分だったので、いい気分転換にもなりました。スクーリングに行くと、いろんな職業の人や幅広い年齢の人が勉強していたので、自分だけじゃないんだなーと励みにもなりました。
この通信制大学を卒業するまで3年ほどかかってしまいましたが、念願の大卒の資格を取ることができました。卒業が決まった時のうれしさは今でもはっきりと覚えています。