通信制高校の単位をとる

一度全日制高校に入学してその高校を二年生の途中で退学しました。その後、通信制高校に編入学した経験があります。全日制高校では、一年生の授業は全て単位を取得していました。その単位を、通信制高校でも利用出来ましたので、通信制高校は二年時からの勉強になりました。私の通った通信制高校では、一年時の授業は、中学の基礎を学ぶようなものが多かったです。二年時で、全日制高校で受けるような授業をします。例えば、数学1。これは、全日制高校だと、一年生の頃にやりますが、私の通った通信制高校では二年生の授業カリキュラムになっています。なので、この数学1を、私の場合ですが全日制高校で単位を取得していたので、通信制高校へ編入学した際にこの授業を取得しなくても大丈夫でした。英語も、数学と同様でしたので、私は数学、英語ともに通信制では学ぶことはなかったです。通信制高校は、テレビを視聴したり、ラジオを聴いたりして、授業を受けます。それを参考にレポートを作成します(レポート作成は年に12回ほどでした、月に一度のペースでした)、月に一度のスクーリングに行き、定期試験を受けて合格すると単位を取得出来ます。だいたいの授業は、この方法で単位を取得するのですが、そうではない授業もあります。テレビ視聴などをしなくても単位が取得出来る授業です。レポート作成も他の教科に比べたら、一回の量が多かったですが、年二度提出すればいいだけの教科もあります。電機基礎などがそうでした。レポート作成って、結構時間を見つけてやらなくてはいけないので、大変な部分があるので、時間がない人には、そのような授業で単位を取得するのがオススメです。通信制高校に入学、編入学する人は、高卒資格が目的の人が多いですから、出来るだけ楽に谷を取得したいと考えている人が多いように思います。電気関連なので、女性は苦手な方も多いと思うので、本当に興味がある人や時間がない人にお薦めの授業です。